東京の東方向から発信
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

世界放浪。
インドネシア生活、
長期戦になりそうだー

本当はこの9月で日本へ一旦引き上げ予定だったんだけど。
なんだか雲行きがあやしい方向へ。

ってさ、
知ってたけどさ!

知ってたっつーかわたしがずっと言ってたじゃんーっていう。
それでもだいじょうぶだいじょうぶー日本へもどってこーいっていう感じだったので、
じゃーもー帰ろっかなっと思ってた矢先で、
この長期戦をどう受け止めるか。

人生はどうするか。
結婚はどうするか。
子育てはどうするか。
仕事はどうなるか。

正直なところは、
この国で最近お友達が増えて楽しくなったというのもある。
あとまだまだ街を、国を、知りたいというのもある。

でも、
長期って一体どのくらいのことを言ってるんでしょー。やー怖い怖い。
わたしの人生はどーなってしまうのでしょう。

流れのまー
まー
にー

こうなったら仕事しながら世界放浪。しかない。
おごるなよにほんじん。
日本とインドネシアで仕事をしていて感じる大きな違いは、

日本で働いている日本人は心の中で実は何を考えているかよくわからない。
にこにこしてるくせに本音はギスギスと嫌味なことを考えていて、
しかもそれを後出しで伝えてくるという
なんとも気持ちが悪い。

インドネシア人は(まあ言葉が英語しか通じないからってのもあるけど)、
思ってることを思ってるときに使えるだけの言葉の量で伝えないと伝わらないので、
伝えてくる、し、こっちも伝える。


===================

こっちで知り合う働く女性はみなさんすごくパワフル。
そしてインドネシアでどう生きていくか知っているひとたちだと思う。

日本から日本のヨクワカラナイ仕事方法やヒトヅキアイを持ち込んで
でもこの国とうまく付き合えなくてイライラしている日本のサラリーマンとは違う。


『日本の考えが通用する』なんていう考え方からどうして抜けられないんだろう。


おごるなよ、日本人。


わたしも、
会社に頼らず、
常に自分の抜け道を考えよう。

===================

イベントを前にしてわたしはどちらかというと現地スタッフ寄りの仕事をしている。
でもそれは日本人に言わせると『無駄なこと』らしい。
でもそれはわたしに言わせると『仕事はこっからでてくる』と思っている。

まーでも、でも、きっとこうゆうのは仕事人としては要領が悪くてだめなんだろうな。
そうゆうところで色々考えることがあるなー

でもどっちが良くてどっちがダメっていうのは今すぐにはわからないし。
わたしは、納得がいくまでやろうと思ってることをやってるだけ!ふん。

めげずに笑ってがんばる。インドネシア人のように。

ガエルがかっこよい件と他のこと。
毎回日本に帰ってくるたびに思う、

タクシーに乗りこんで自分のアパートの部屋までの道ですでに、


(ああなんてなんてなんてなんて、なんて、平和なんだろう)。



日本が特段平和なんじゃない、
インドネシアが特殊なだけ。

そうでしょう?

少し向こうに住むとそれにも慣れてしまって、
道端で起こるささいなことなんて事件じゃない。
下手くそな運転や
やかましいバイクや
信号無視
バイク何人乗り?!
川がドブみたいにきたなかろーが
道にゴミが捨てていよーが
たちしょーべんしているひとがいよーが

家がぼろぼろだろーが
こどもがお金をせびってこよーが

渋滞で車が動かかろーが全部慣れた。

そしてそのすべてが日本と違うものだから
日本へ戻ってくると全てが美しく平和で整っていてわたしは
この国にうまれて本当に良かったと思う。
そしてもうずっとこの国に収まっていたいと思う。


飛行機の中でこの作品をみた、

<iframe width="560" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/cUW60Qf1Bm8" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

んでやっぱりガエルガルシアベルナルがかっこよすぎて泣けたっていう。


※好きな映画the king



死に関することについてここ最近すごく考えている。

考えたくて考えているわけじゃなくて、
そうゆうニュースだとか、見た映画がたまたまそうゆう映画だったり
たてつづけだったりとか、でもあと一番は今日道端を歩いていたら、
道端でひとが亡くなっていた、のが、なんだかもう、なんで?という状況だった。

死んでいた。

平和だ、と思っていた数分後にそれだ。
なんなんだろ。

要するに、確実なものなんてないと思った。
全て普遍的なもので、あとで、などという言葉なんてくそくらえだと思った。

友達に合うのも
自分の気持ちを伝えるのも
表現するのも、
一世一代なのも、
勝負するのも、

今やれ!


おそらく斜視だということ
むかし付き合っていたひとに珈琲ショップで珈琲飲んでた時に
じーっと顔を見られて言われたときから
ずっと、そうだな、と思ってたことがある。

自分の目が斜視だということ。

「ひろこ目線ちがわない?」って言われてから、鏡みたけど
でも自分で自分の目線を確認しようとしても不可能で。

最近の写真とか見直すと、ああ確かにと思うのが
ぽろぽろでてきてたしかに目の片方がまっすぐ向いてないっつー




向かって右が内側に入ってるのか
左柄が外に向いてるのか。。。。

、、、、、そいやうちのお父ちゃんもなんかこんな目してたっけな。
人間の体ッて不思議だ。

おもしろいもんだー
ねむい
ねよ。


思うことぶちまけ文。
ルーマニアの事件のことを読んで怖くなった。

どんだけ怖い思いをしたんだろうと思うと、本当にこわい。
本当にこわかっただろうな。

自分の身にふりかかるはずのないことが、起こって知らない国で
知らない言葉で、(ルーマニアが何語を話すかしらんが)、
知らない人間に。

======

そうゆう事件って国外だから国内だからってあんまり関係ない。
日本国内だって意味不明な事件があるし、
国外はもっと色々危険要素が満載だし、
もしくは外国人が日本で巻き込まれる事件もある。

わたしがいつもぐちぐちぐちぐちと「日本にかえりたい」と言っている実は一番の
大きな理由が、『知らない国でおんなで居ること』の怖さがあるということ。

『知らない国』って3ヶ月目に突入して知らないもなにもないけど、
それでもまだまだわたしはこの国のことを知らない。
この国の人間の特徴を。
この国の人間の考えていることを。
この国の人間がわたしをどうみているかということを。

知らないということはとても怖いことだとわたしは思う。
だから一生懸命知ろうとしている。

でも知れば知るほど怖くなってくるというのも悩ましいところなんだけど。

(悩)

======

日本人おんな=英語できない=なめられる、というイコールな考え方がどこかしら
外国人の中であるのではなかろうかと。

そう思うと非常にムカついてきて、
それでわたしは必要以上にいろんなひとに厳しくあたるので、
まー損することもあって。
(へらへら笑ってれば特することもたしかにある)
(特に観光地なんかじゃーあれなんですかね、ヘラヘラしてた方がいいんすかね)

例えば、バリに行ったとき。
タクシー代高すぎない?とタクシーのおっちゃんに言って、
これが普通だむしろ安いというので、
すみませんジャカルタじゃこんなに取らないんですけどどうゆうことでしょうか?と
問いつめ、いやーな空気が張りつめ、、、、
そんな時も知らないフリしておけば良いんだよな、、、とか思ったり。

あとは例えば、運転手について。
今の運転手が日本に住む日本人のおんなのひととメールだの電話だのやりとりしてて、
その内容をチクイチわたしに報告してくるんだけど、
そのたびに(ばかな女の人もいるもんだなー)と思っている。

そこそこな企業に勤めててすごくかわいいひとで、
それで彼と毎日毎朝毎晩おはよう今なにしてる運転してるそろそろねるね、
ってそれって自分が暇のときの時間つぶしにしてるのかしら?or
本当に好きなのかしら?
(少なくとも運転手は彼女の話をするときはデレデレとだらしない顔になる)
(っつかシャキっと仕事せんかい!)

なぜそのおんなのひとはこの運転手にそこまでするのかしら??
とか色々考えると、
^嫐I毀澄碧榲にすき!とかね)
△劼箸箸靴討涼箸さ
なんですが、,呂匹Δ任睥匹い箸靴董
△任△譴个任發修譴辰討錣燭靴砲まったくないものだなーということで。

たとえばですよ、
ひととしての暖かさと思って接していたことが
相手にとって※この場合デレデレの運転手、本気の本気で、
それででも実は全然そんなつもりじゃありませんでした〜、とか言ったときに
相手が逆上したらこえーじゃん!!!!!
逆上してストーカーとか殺されたりとかされるのこえーじゃん!!手遅れじゃん。

本当に本当に本当ーーーーーに、そう思う。
と思うわたしはほんとーに外国人を信用していなくて肝っ玉の小さい人間だと思う。

そうゆう、“結局自分がちいさい人間なんだなー”ということを認識させられて凹む。

わたしはばかみたいな余計な心配をして、
その彼女みたいなひとの暖かさとか交流とかの機会を失ってるとも思う。




でも。



むやみやたらと誰にでもへらへらなんかしなくっていいや。
この国にでも本当に少人数だけれど、信頼できるひとがいる。

しっかり見極めるちからとコミュニケーションを取る力と
あと自分はどうゆう人間なのかということを主張する意思と能力を大切にしよう。
危険と思うことはしっかり線引きしよう。
それもなしでへらへらしてたんじゃ30歳にもなってだらしがないわ。

などと思いながらアパートのジムでがりがりエクササイズしたり、
ですね。

自分の身は自分で守ろう。自分の方向は自分で定めよう。
なんと思われたっていー「ヒロコはこわい」って思われたっていー
ふん、だ。

=====

などということを思った日。

=====

でも精神を使うのが疲れるのも事実。
明日から日本に帰れるのがうれしい。

ゆっくりしよう。

おわりー
キャンプ準備パート1
1日中ネットサーフィン&ショッピングー

日本帰国時にキャンプに行くから色々一式購入しまくったった。
ネットショッピング疲れた。















北海道育ちで山だの海だのに虫だの動物に囲まれて育ったわたくしですが、
実はアウトドア派ではありません。というかまったく。
山登りは苦手だし
海は泳げないし
虫は嫌いだし
動物は怖い、(特殊なやつ、トリとかサイとか)

というどーしようもないぐらいの室内好き。

んでキャンプに関してもほとほとテンションが低いままですが、
会社のみんなと行くのでちょっと楽しみ〜♪
インドネシアきてから会社のひとのイベントに参加できないのとか
飲み会に参加できないのとか、わたしのこと忘れられてるんじゃないかとか、
実はいろいろ寂しかったので、楽しみ〜♪♪

つって苦手苦手って行ったら行ったで一番楽しむ自身があるんですがー

要するにグチグチ言うのが好きなんだと。
どうしようもない。

=======

せっかく色々買ったのでこれを良い機会として
アウトドアに興味を持とうかなとも思うております。

山登りをするとかです。

、、、いや、、、、、、やっぱしなさそうなので。。。。。
やっぱ代わりに近隣諸国へ旅行へ行くときに使おかな。

んでも決まってすっきり、
一個やることおわり。

おわり。
なつかしいどうがいろいろ
小さいころにーちゃんと一緒に
ドラマだの映画だの見てたーなー

ルパン三世 カリオストロの城




なんとびっくり1979年公開?!産まれる前だったんかーい!!
この映画は衝撃的で、今でもあの、マスクマンのつめのながーいのが
びよーんとなるのとかなんか覚えてる(うるおぼえ)

あとこの予告編面白い。なにがってクロネコヤマトがらみなのが。



宅急便だからかなー?

流れで風の谷のナウシカ予告編いっぱい



4、3、2、1、位順番はともかく、意義無し!
あでもナウシカがもっと上でも良いんじゃあ。。

もののけ姫の声優キャスティングと絵の気持ち悪さと音楽と
もちろんストーリーとあとアシタカの格好良さが好きです。
とにかくおっことぬしさまが気持ち悪くて最高です。
映画館で立ち見していたひとがいたっけなー、、、

で、なんか最後AKIRAの動画に見入ってしまった。
日本帰ったら漫画かおう。

いじょー
日本帰国時やることパート1
次回日本帰国時には映画見にいきたいっ

時間があるか謎ですが、候補映画リストup

テイク ディス ワルツ




ヒューマントラストシネマ有楽町
文化村ル・シネマ


おおかみこどもの雨と雪



あでもDVDでいっかな。。。


アベンジャーズ



TOHOシネマズ錦糸町

仕事関係でー

========

こんな感じかな時間もないし。

■やること:
美容室
病院
飲み会
キャンプ
家の掃除
矯正の支払い
スタッフへの名刺入れ

いじょー
おわり。
日々のおくりかた。
前回日本へ一時帰国のときは帰国日までを指折り数える日々だったけれど、
今回はなんだかあーーーーっという間だったなー。。。

それほど忙しい日々を送っておりましたです。
忙しいってやることがびーっちりなわけでなくどちらかというと、
考えることがいーっぱいあってその準備に追われていたという方が正しい。

それでも色々なことが大体固まってきたので、
今回は安心して堂々と日本に帰れる。

それはそうと最近なにをしているのかというと、
ジャカルタに友達がきて一緒にバリ(また!)へ行ったり、
別の週末にはシンガポールに旅行へ行ったりと休みの日もバタバタしてます。
そうでなければとことん引き蘢って2日間ぐらい家からでません。

▼行動するときはしますよージャカルタのシンボル『モナス』


▼インドネシアでビールって言えばビンタンビールそんなに好きじゃない☆


▼バリにはもう2回程行きまして、、、


▼祭りのおとこたちバリバージョン


▼キンタマーニ山脈を楽しんだり、


▼稲田を楽しんだり、


▼ビーチで、


▼ビール。


▼もろこしー


▼ロブスター


▼おどーりー


▼たべものー


▼シンガポールの地下鉄車内の広告ー


▼座ったら不意打ちでトナリにあって笑ったw


▼シンガポールでもルービー!


▼シンガのエス



と、まあまあそこそこ人間らしい行動的な活動も行っています。(たまに)

この差は一体なんなんでしょうか。。。。
分析したところ日々いろんなひとや見慣れないものに出会うので
精神的なつかれが溜まり、世間から自分を断ち切りたい気分になるのです。

という言い訳をしながら本日はインドネシアの独立記念日で
お休みなので1日中ひきこもりん♪♪

明日は、
でます。

たぶん。
おわり。

おやすみ。
日本で撒いていた営業の種が咲きそうです。

でもわたしはもう日本に居ないのでー、まー、
なんともかんとも残念でならないのですが。。。

もう悔しくて悔しくてたまらない、
こうゆうときは。

悔し泣きで1日が始まり、
そして2件のアポをこなして、
1日が終わり。

インドネシア人の部下と、今日も1日がんばったねーつって
断食あけの晩飯を食らう。

=============

営業とはなんなんだろう。
目標数値とは、ビジネスとは、将来とは。

=============

わたしが一番嫌いなのは、「できない」と言い放つ人間。

最近も部下に、
「できない」というんじゃない。「できる」ようになにが「できる」のか、
無理矢理頭をひねって考えなさい。

と言ったのですが。
(。。。ま、そのあとに涙目&過呼吸&逆ギレされそうになったのですがね。。)

僕はアイディアを出すのに時間がかかるし、
そんな脳みそを持ち合わせてない!、と彼は言ったのだけど。

昔出会ったとあるひとが、
―アイディアを出せないひとなんていない。出そうとしてないだけ。
訓練したらだれだってなんだって出てくる。必要なのは訓練すること。―

と言ったのをわたしは今でも覚えていて、
今はそれを部下にわかってもらえるまで一緒に訓練してるとこ。

=============

ですが、
ビジネスセットアップがだいぶ落ち着いてきたので
一旦日本へ引き上げの指示が正式に入ったので
秋には一旦日本。

こころのそこからゆっくりしたい。
温泉いきたい。
北海道帰りたい。

あしたもがんばろ。
おやすみ。